バンクイック金利引き下げできる?

バンクイックは低金利!自分の場合の金利計算を確認してみよう!

img

バンクイックの魅力はなんといっても低金利!こちらでは金利の計算方法を確認します。また、他社消費者金融のように金利を引き下げしたり優遇してもらったりすることはできるのでしょうか?ご自分が借入する際の金利を確認したい方、少しでもお得に借りたい方必見です!

>>バンクイック公式サイトへ

 

img

arrow2

画像

バンクイック金利(年利)一覧表

【バンクイック金利(年利)】

 

利用限度額

金利

500万円以下 400万円超

1.8% ~ 6.1%

400万円以下 300万円超

6.1% ~ 7.6%

300万円以下 200万円超

7.6% ~ 10.6%

200万円以下 100万円超

10.6% ~ 13.6%

100万円以下 10万円以上

13.6% ~ 14.6%

 

※利率は変動金利
※利用限度額が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要となります。
※利用状況に応じて利用限度額の引き上げも可能です。

 

 

お急ぎの方はこちら >>バンクイック公式サイトへ

金利の計算方法は?どうやって決まるの?

img

 

金利は利用限度額に応じて設定されます!

 

バンクイックの最高利用限度額は500万円までとなtっていて、上の表のとおり隔離用限度額によって貸付金利が年率4.6~14.6%の間でそれぞれ設定されています。

 

 

もっと具体的に計算してみたいなら

 

バンクイックの公式サイトにはには返済シミュレーションのサービスがあります。

 

img

 

 

シミュレーションしてみる >>バンクイック公式サイトへ

 

 

借入金額や返済期間、利率などを入力して実際にお金を借りた場合、月いくら・どのくらいの期間返済を続けていくかなどがすぐにわかるようになっています。

 

この返済期間や金額などを変更して計算することで、おおよその借入と返済の目安をつかむことができます。

 

「10万円借りたらと、20万円借りたらどうか計算したい!」
「返済期間を半年短くしたらどうなるのか?」
「50万円の借入を1年で返済できるかな?毎月どのくらいの返済額になる?」

 

・・・・など、いろいろなパターンでのシミュレーションが可能ですので、ぜひこのサービスを活用してみて下さい。

 

金利を引き下げ・優遇措置はある?金利を少しでも減らすには?

img

 

利用限度額の増額

 

バンクイックの金利は利用限度額が大きくなるほど適用金利が低くなっていますね。

 

ですから利用限度額の増額が可能ならその分低金利で借入することができるということが言えます。

 

増額申請のコツ

 

増枠・・・つまり「もっと沢山お金を貸して欲しい」ということを申請するのですから、それなりの準備が必要です。

 

例えばあなたが、バンクイック審査に通ったばかりで新規契約した場合なら、今すぐ増枠申請をしてもきっと通らないでしょう。

 

増枠申請するためのポイントは以下の二つ!

 

  1. 現在の借入を地道に返済し、返済実績を作り信用を高める事
  2. 年収UP・パートから正社員になるなど属性を上げる事

 

やはり審査通過と同じように、「信頼する人物に値するか」「ちゃんと返済してくれる人か」というのが大きなポイントになりますね。

 

ですから、上記のような増額申請するためのプラスになる材料が用意できれば、行ってみる価値がある交渉だと思います。

 

 

返済遅れは厳禁!

 

バンクイック増額を希望するなら、現在の借入や他社借り入れがある場合は絶対に返済遅れをしないように心がけましょう。

 

返済が滞ったことがある、何ヶ月も滞納している・・・という方はこれ以上お金を貸しても返済してもらえないと判断されてしまう危険性があります。

 

 

お急ぎの方はこちら >>バンクイック公式サイトへ

最初の審査時に多めの限度額を希望する

img

 

バンクイック金利を低くする方法といたしましては、

 

「利用限度額を多めに希望する」

 

というやり方もあります。

 

これは本来50万円の借入をしようと思っていたところを、一段階限度額を上げて150万円にして金利の引き下げを狙うという方法です。

 

最初に示した金利一覧表を参考にそれぞれの限度額の金利を比較してみると、

 

50万円:13.6~14.6%
150万円:10.6~13.6%

 

となります。

 

つまり150万円の限度額を申請しておき審査に通ったら、そのうち50万円しか借りないという使い方をしたら、よりお得な金利でバンクイックを利用できるというわけです。

 

借り過ぎに注意

 

これを行う場合は、50万円の借入でよいのに150万円の限度額の審査に通ったという事で、ついつい借りすぎてしまうという心配があります。利用限度額は銀行預金とは違います。「150万あるから使える」と思って借りてしまう人は多いようですね。

 

自分で自重できる方ならよろしいのですが、自分を律することができないことのほうが多いもの。

 

返済できなくて困ることのないように気をつけましょう。

 

審査に通らない可能性も

 

利用限度額を多くすることのデメリットとして、そもそもバンクイックの審査に通りにくくなってしまう可能性があります。

 

年収や属性にそぐわないような、大きな金額を借りたいと言って審査落ちということにならないように適正を見極めていただきたいと思います。

 

 

お急ぎの方はこちら >>バンクイック公式サイトへ

バンクイック金利のまとめ

img

 

いかがでしたか?

 

バンクイックの金利計算の確認から、少しでもお得に金利を引き下げする方法について探ってまいりました。

 

銀行カードローンの中でもバンクイックは低金利でサービスもとても良いと評判です。

 

計画的に返済ができるようにシミュレーションの活用もぜひしてみてくださいね。

 

 

img

arrow2

画像